全ての企業サイトにはランディングページが必要

三重県津市でホームページ制作(WordPressによるウェブサイト制作)とコンテンツマーケティングを支援している、株式会社アイキャッチです。弊社は、ランディングページの制作もしております。

あなたはランディングページという言葉を聞いたり、目にしたことはありませんか?

企業のホームページ、ウェブサイト、ネットショップなどには欠かすことの出来ないランディングページについて、説明します。

ランディングページ(LP)とは何か?

ランディングページとは、直訳すると「着地ページ」となります。

例えばあなたの会社のホームページが、他のホームページにあなたの会社で推している、ある商品(商品Aとしましょう)のバナー広告や、テキストリンク広告を出していると仮定します。

そのバナー広告やテキストリンク広告をクリックして、お客様(または、お客様候補)があなたのサイトを訪れるとします。

自社ホームページへのリンク先をどこにするか?

お客様(または、お客様候補)があなたのサイトを訪れた際、リンク先はあなたの会社のホームページのトップページで良いのでしょうか?

ホームページのトップページには、いろいろな情報が掲載されていますよね?

例えばあなたの会社の会社案内だったり、決算情報だったり、社長のブログだったり、あるいはバナー広告に載せている商品A以外の商品Bや商品Cの紹介ページだったり、あなたの会社のホームページには、様々なたくさんの情報が掲載されているのではないかと思います。

先ほどの商品Aについての情報を知りたくて、商品Aのバナーをクリックしてあなたの会社のサイトに訪れたユーザー様は、他の商品Bや社長のブログなど、商品A以外の他の情報が目に留まれば、そちらに目移りしてしまうかもしれません。

挙句の果てに、ホームページを閉じられてしまったり、他のホームページに離脱されてしまう可能性もあります。

これでは、せっかく商品Aを売り出すべく、コストをかけて商品Aのバナーを他社のウェブサイトに掲載してもらったとしても、せっかく訪れてくれた検索ユーザーを、取りこぼす結果になってしまいます。これでは意味がありません。

そうならないために、商品A専用のページを作成します。

このようなページを「ランディングページ」とよびます。

ランディングページは、出口を一つにする

ランディングページというのは、そのページの目的は、たった一つです。

・その商品やサービスを買ってもらうこと。

あるいは、

・その商品やサービスを知ってもらうために、メールマガジンに登録してもらうこと

だったりしますので、目的、すなわち「出口」を一つだけにします。

販売目的の場合は、販売者の情報などのリンクを入れる場合もありますが、基本的にはそのホームページのエリア外には出られないような、ワンイッシューのホームページを作成します。

ランディングページは、怪しくない

ランディングページというと、もしかすると、怪しげな情報商材を思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれません。

効果があるのかないのかわからない、販売実績が誇示された、縦にずーっと長い派手なページ、見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

あれもランディングページですが、例えば他には、楽天市場の各商品の縦長のページ、あちこちリンクでよそに行けるようになってはいますが、これもランディングページの一形態といえます。

最近では、健康食品やダイエット食品などのバナーをクリックしたら、ランディングページに出会うことができますね。

大手メーカーのサプリメントなんかもランディングページを採用していますから、ランディングページ=怪しい、というわけではなく、大手メーカーも採用するほどに効果がある、という証かもしれません。

ですから、例えばリストを取りたい場合など(メールアドレスを集めたい場合など)は、無料オファーのプレゼントなどを作り、ランディングページを作りましょう・・・

ランディングページは、そういう場合にはとても有効です。

ホームページは営業マンか?

ホームページ、ウェブサイトは優秀な営業マンなどと言われたりします。

しかし、本当のところはどうでしょうか。

実際、単なるホームページは、「作りこまれた看板」程度なのではないでしょうか。

ただし、これに無料オファーをつけて、メールアドレスを取得し、そのメールアドレスに対してメールマガジンやステップメールで、教育し、売り込みをするとします。

(ステップメールというのは、あらかじめ決めたタイミングで、自動で何通かのメールを送ることができるシステムです。メールマガジンは、一斉にメールを送ることができるシステムです。)

その機能が、ホームページに備えられていて、きちんとした運用ができれば、「ホームページは優秀な営業マン」と言えるのではないでしょうか。

結論:あらゆるサイトにランディングページが必要

誤解を恐れずに極論してしまうならば、筆者は上記の理由から、あらゆるホームページ、ウェブサイトにはランディングページが必要、そのように思います。

少なくとも、営業的な側面を持つホームページ、ウェブサイトには、ランディングページとステップメールを備えることで、計り知れない効果をもたらす可能性があるといえます。

また、より進化したマーケティング・オートメーションを導入することも、ハードルが下がってきました。

是非とも、「優秀な営業マン」である、ランディングページやステップメールを検討してみませんか?

弊社では、ランディングページも、ステップメールも制作いたします。

アイキャッチのショップ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    Landing Page