ネットショップに必要なクレジット決済オススメ

ネットショップを開業するにあたって、準備が必要になります。

ネットショップにはクレジット決済が必要

お客様からスムーズなお支払いをしていただくために欠かせないのが、クレジットカードでの支払い方法です。

国内のクレジットカード会社大手の、株式会社JCBが毎年「クレジットカードに関する総合調査」を行っています。

この調査は毎年行われており、2018年度版の調査結果レポートでは、このような結果が掲載されておりました。

クレジットカードの保有率は84%

男女の20歳代の保有率は、他の年代より低く、特に男性は7割に満たないとする。

また、クレジットカードの一人あたりの保有枚数は平均3.2枚、常に持ち歩いている携帯枚数は平均2.1枚ということである。

その他、クレジットカードの使い道は、オンラインショッピング(35%)がトップで、日常的な買い物でクレジットカードが使われている。

このような調査結果があるので、ネットショップを立ち上げるのであれば、クレジットカードの決済は必須といってもよいと思われます。

クレジットカード決済を準備するメリット

クレジットカード決済を準備するメリットは、たくさんあります。

1 現金が少ない場合

実店舗の場合は、現金を持ち合わせていないお客様に、カード決済は対応可能です。

どいういうことかというと、例えば連休前に現金を銀行から引き出しておくのを忘れて、手持ちの現金が少ない場合です。

これは、よくあるパターンです。

平日の昼間に銀行に行ける人は、なかなかいません。最近でこそ、コンビニエンスストアなどで現金がおろせるようになってきましたが、土日や夜間は手数料がかかってしまったりします。

そういった場合に、クレジットカード決済が使えるというのは、普通に助かる場面です。

2 PayPayや、スマホの操作が苦手な場合

また、PayPayやゆうちょPayなどに代表される決済も、アプリの登録やスマホの操作が苦手な中高年(私もそうです。)などには、まだまだ使いこなすには、ハードルが高いといえます。

そういった人々に対しても、実店舗でクレジットカード決済が使えるというのは、普通に助かる場面です。

3 カード利用でポイントがたまる

特定のポイント(Tポイントや楽天ポイントなど)をためている人は、意外と多いものです。

また、マイルなどもポイントと同様にためている人が多く、そういったお客様はそのカードが使えるお店で購入をする傾向が高いようです。

実は、私の相方もポイントがたまるかどうかで買い物をするサイトを決めています。

そういったお客様を逃さないためにも、クレジットカードの対応を必ずしたいものです。

それでは、カード決済を準備するという場合にお店(ネットショップでも実店舗でも)ではどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

導入コストが下がってきたクレジットカード決済

実は、過去にはクレジットカード決済をしようとすると、回線やら端末やら、対応したPOSレジやら・・・何十万いや、百万円ちかい金額が必要でした。

しかし、時代が令和になり、スマートフォンやタブレット、wifiやBluetoothなどの技術が発展してきたおかげで、「モバイル決済」と呼ばれるクレジットカード決済が普及しつつあります。

タブレットやスマートフォンでレジの無料アプリを立ち上げ、カードリーダーをタブレットやスマホに接続するだけで、クレジットカード決済ができてしまうのです。

私も、カフェや美容室などに行った時に、iPadをレジにしているお店をいくつか見かけたことがあります。

これらが、モバイル決済とよばれる最近のレジのようです。

モバイル決済の特徴とは?

たとえば、お店に限らず、イベントに出展した場合などに、レジを気軽に持ち運ぶことができます。クレジット決済付きで。

これはすごいことですよね?

ふつう、何かの展示会やイベントにお客として出かけて、即売会などで買う場合って、カードが使えない場合が多いと思うんです。

だけどモバイル決済をイベント会場に持っていけば、普通にカード決済ができるっていうことですから、とても助かりますよね。

さらに、クレジットカード決済に加えて、PayPayやゆうちょpayなどのQRコード決済を用意すれば、鬼に金棒といったところではないでしょうか。

ネットショップに適したクレジット決済のオススメは?

弊社も、いくつかネットショップを立ち上げた経験があり、その中でオススメできるのが、Square(スクエア)です。

スクエア(Square)は、特にネットショップ以外に実店舗がある場合などにオススメできます。

スクエア(Square)の手数料は?利用料金は?

スクエア(Square)は、便利なので手数料や利用料が高いのでは?と思いませんか?

実は、私もそう思っていました。便利な裏には何かがあるぞ?と。

しかしスクエア(Square)のホームページを見て、驚きました。

月額利用料、振込手数料、POSレジアプリのインストール、払い戻し手数料、チャージバック手数料、すべて無料

スクエアの決済手数料は?

これは、スクエア(Square)の・・・というよりはクレジットカード会社の手数料というふうに考えたほうがいいかもしれませんが、2019年10月現在で、3.25%から3.75%となっています。

とりたててお高いというわけでもなく、普通(むしろ安い?)のではないでしょうか。

スクエア(Square)が対応しているモバイル端末は?

とはいえ、まだスマートフォンやタブレットをお持ちでなかったり、あるいは、お持ちのタブレットが使えるかどうかを、調べてみたりしたいのではないでしょうか。

いざ申し込んでみたけど使えない、といった状況は避けたいですよね。

そこで、スクエア(Square)製品の互換性検索というページが用意されていますので、ここでお使いの端末が使えるかどうかが、事前に確認できます。

とても親切です。

スクエア(Square)のカードリーダー、お値段は?

実質0円キャンペーンというのをやっています。

いつまでかはわからないですが、通常8千円ちかくするカードリーダーが、無料になります。

これは、導入にあたって、ハードルがかなり下がってきました。というより、ハードル、ないですよね?

というわけで、弊社としては新規にネットショップを立ち上げる場合、または新規に実店舗を立ち上げる場合にも、スクエア(Square)をおススメしたいです。

Follow me!

    e-commerce